健康を意識した水の飲み方選び方

熱中症予防は水を飲むこと

スポーツと水分補給は切っても切れない関係にあることは最近では常識になりつつありますが、少し前の日本のスポーツ界には医学的、生理学的に考えると誤りであるとされる常識がまかり通っていました。

柔道界や相撲界でのさまざまな不祥事は誤った精神主義による負の遺産と考えてもいいでしょう。

そこで行われてきた「常識」はいたずらに怪我や病気、重大な事故につながる恐れもあります。

たとえば、運動中に水を飲んではいけないという長らくスポーツの現場で常識とされてきたことも、医学的生理学的に考えれば、重大な誤りであるのです。

運動中に水を飲むとバテる、動きが鈍くなる、汗を大量にかいてしまって汗とともにスタミナまで奪われてしまうと考えられてきました。

練習中は暑くても、どんなにのどが渇いても水を飲んでしまっては練習の効率が悪くなると考えられてきたのです。

昭和50年代に少年時代を過ごした私自身もそうでしたし、現在30代後半くらいまでの方ならスポーツの練習中には水を飲むなといわれてきたのではないでしょうか?

歴史的に調査した研究によれば、明治時代のはじめごろに「水抜きでの鍛錬法」という説を紹介した人がいるらしく、この流れが1916年の「運動生理学」という書物に基本的な考え方として継承されたようです。

また、昭和8年に陸軍戸山学校では節水行軍研究が実施されて、精神鍛錬の要素を入れた訓練中の水分制限を強要しています。

こうしたことを考えると、運動中に水を飲むなという誤った認識は、明治から戦前までの軍隊訓練の場での精神鍛錬の意味合いからでたものと考えられます。

つまり、水を飲まない非常に苦しい状態でも冷静な判断力を保ち、軍隊の一員としてしっかりと仕事をするために、極限状態での訓練をするというものが、いつからか運動もくるしい状態を克服してこそ喜びが待っているといった誤った方向へ解釈されるようになったのでしょう。

激しい運動時には収縮した筋肉では通常時の15倍から20倍も熱量が上がります。

脳の視床下部にある温度を感じる器官が体温の上昇を感じると血流量を増やして体内の熱を外部に放出しようとします。

また、汗を放出してその気化熱の働きにより体表面の温度を下げようとします。

筋肉で発生した熱が血流や発汗機能による熱の放出量を上回ると体の中の熱量が蓄積され、体内の水分も失われます。

そのため、発汗機能がうまく働かなくなったり、血液の粘度が上がって血流障害が発生する恐れもあります。

このように脱水症状が進むと熱中症や熱射病といった高温障害を引き起こし、場合によってはしに至ることもあります。

この発汗機能と血流を利用した体温調節の機能は子供や高齢者はうまく機能しないことも多いために成人よりもより注意が必要です。

熱中症や熱射病予防の最も効果的なポイントは、体温上昇を防ぐことと、適切な水分補給です。

涼しい環境下にいることと、こまめに水を飲むことが何よりも大切なのです。

2014年6月18日|

健康のために水を飲もう

5月に入り急に気温も上がり始めましたが、朝晩はまだ涼しいので、日中との気温の差が激しいですね。

この気温差に体はまだ慣れていませんから、5月でも熱中症になる可能性は意外に多いのだそうです。

厚生労働省が平成20年から啓発運動を行っている「健康のために水を飲もう推進運動」というものがあります。

これは、こまめに水分補給することを習慣化することや、スポーツ中に水を飲んではいけないというような誤った常識をただすこと、また、水道などの身近な水資源の大切さを認識する事をPRして国民の健康増進、病気の予防を目的とする運動です。

これまでに、青少年が夏の炎天下で水分不足でスポーツ中に熱中症で死亡する事例や、中高年でも水分補給が適切であれば防げたであろう脳梗塞や心筋梗塞の事例が多数あるといわれています。

とくに体温調節の機能がまだ未発達の幼児や気温の変化に体が対応しにくくなっている高齢者はさらに注意が必要と言われています。

簡単に言えば体から放出される水分よりも体の中に取り入れる水分が少なければ、血液や体液は濃度が高まってスムーズに循環しなくなります。

血液や体液の流れに障害が出れば体の各部への酸素や栄養素の運搬に支障をきたして、脱力感、めまい、どうき、息切れがみられるようになり、そのままの状態が続けば、臓器に重篤な障害が発生し、死に至ることになります。

脳梗塞は早朝に多いといわれますが、これは睡眠中に汗で水分を放出することと睡眠中には水分補給ができないことが重なって起こるものと言われます。

また、心筋梗塞も心臓を取り巻く血管の血流量が減ることによるもので、これも血液の濃度が上がって血流に障害が発生しているからと言われます。

つまり、適切な水分補給こそ、こうした脳血管系の疾患を予防するカギを握っているともいえるのです。

身体が渇きを感じる前に、早めにこまめに水分補給をすることで、こうした病気も防げるのです。

またアルコールはどのような種類のものであっても利尿作用がるので、水分補給のためにビールを飲むという考えは間違いです。

水分補給は水が基本です。

水分補給の重要性を再認識して今年の夏も元気に乗り切りたいものですね。

2014年5月18日|

若返りの水とは?

みなさんは一日にどのくらい水を飲んでいますか?

ここでいう水は水分ではなく、何も味付けのされていない、水、お茶やコーヒー、その他の清涼飲料水を除いた、まっさらな水のことです。

意外に水を飲んでいないことに気がつかれると思います。

お茶やコーヒーも水分補給になると思われているようですが、お茶やコーヒーには利尿作用があるため、かえって体外に水分を放出してしまうのです。

麦茶や番茶などは水分補給になりますが、やはり水が水分補給の基本です。

コンビニエンスストアの陳列棚にはさまざまな飲み物が並んでおり、紅茶、緑茶、コーヒー、炭酸飲料、乳飲料など24時間、いつでも簡単に手に入ります。

一見便利なように感じますが、これも水を飲む機会が減っている大きな要因でしょう。

水を飲んで水分補給することはただ単に渇きをいやすというだけではなく、人体を構成する細胞が正常に機能するために必要なのです。

人間の体の6割が水分から成ることは以前にもお話しした通りですが、血液、リンパ液をはじめとする体液も水分が十分に満たされていなければ機能しません。

実は「喉が渇いた」と感じた時には体は軽い脱水状態のあるので、喉が渇いたと感じる前に、こまめに水分補給することで、体は常にベストな状態を保てるのです。

健康のためにはもちろんですが、年齢を重ねても若々しくあるために水分がキーポイントになります。

老化とは言ってみれば「体がさびること体が渇くこと」なのです。

体がさびるとは体の各部の細胞が酸化することですし、渇くとは乾燥して干からびることです。

そのため、しわが目立ってきたり、たるんでくるわけです。

つまり若々しさのポイントは酸化させないこと、うるおいを保ち続けることです。

こちらの記事でご紹介した抗酸化物質を含む水はこの酸化させないこととうるおいを保ち続けること両方を満たしてくれる「若返りの水」と言ってもいいでしょう。

2014年4月14日|

抗酸化物質を含む水

がんや脳血管疾患は現代人の死因の上位を占めていますが、これらの病気に共通する原因のひとつに活性酸素があります。

活性酸素の何がいけないのかを簡単に説明すれば、人間の体の細胞を酸化させる、つまり、さびつかせるからです。

人間は年齢とともにさまざまな老化現象が現れますが、老化とは体の各部が酸化して衰えることといってもよく、大きな原因に活性酸素の影響があるとされています。

脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすとされる悪玉コレステロールも悪玉コレステロールだけがその原因となるのではなく、活性酸素と反応して血管を傷つけるために脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすとされています。

ほかにも糖尿病やアルツハイマー病などさまざまな病気に関係しているといわれています。

つまり、人間はこの体の細胞をできるだけ酸化させないようにすることが病気や老化の予防のキーポイントといっていいでしょう。

活性酸素が体内で発生する原因としては紫外線、パソコンやスマートフォンをはじめとするIT機器から発せられる電磁波、食品添加物をはじめとする化学物質、その他不規則な生活習慣やストレス等が考えられますが、現代社会に生きる人間には活性酸素の発生を完全に避けるということはほとんど不可能です。

ではどうすればいいのでしょう。

活性酸素を消す働きを持つ抗酸化物質を含む食品や飲み物を積極的に摂取することがもっとも効果的です。

色の濃い野菜や果物、にんにく、ねぎ、きのこ類に豊富です。

飲み物では緑茶のカテキンやワインのポリフェノールにも抗酸化物質が豊富に含まれていますし、天然水にも抗酸化物質を含むものがあります。

紫外線対策をしっかりと行って、規則正しい生活と緑黄色野菜を意識的に多く取り入れた食事を心がけることで活性酸素の害を抑えることは十分可能です。

また日常のむ水も抗酸化物質を含む天然水を選ぶようにしたいものです。

活性酸素の働きを抑える炭酸水素イオンを多く含む非加熱の天然水「金城の華」がおすすめです。

「金城の華」はスーパーやコンビにでは手に入りにくいので、12リットルボトルを定期配送してくれるウォーターサーバーがおすすめです。

「金城の華」を扱っているウォーターサーバーは数社ありますが、ウォーターサーバー本体のデザインやキャンペーン内容にそれぞれ違いがありますから、下記のサイトでじっくりと比較検討してみてください。

6つのポイントで選ぶ!家庭用ウォーターサーバー比較ナビ

2014年4月 7日|

水道水の不安を考える

水道水の安全性に不安を持つ方が増えていますが、具体的にどういう点が不安を引き起こしているのかを考えてみます。

2011年の3月11日の東日本大震災とそれによる福島原子力発電所の事故により、大量の放射性物質が大気中に発散され、セシウムをはじめとする放射性物質が実際に東京都内の一部の浄水場で検出されたことは記憶に新しいところですね。

この放射性物質による汚染の不安は水道水に対する不安の中でも比較的最近ですが、以前から言われていたものとしては水道水の水源の水と浄水場で殺菌消毒する際に使用する塩素が反応してトリハロメタンが生成されます。

そのほかにもクロロ酢酸塩、クローラル類、クロロアセトン類、クロロアセトニトリルなど多数の有機塩素化合物が水道水に残留していることがわかっています。

これらの物質の毒性はトリハロメタンの7倍という研究データもあるといわれています。

これらの塩素化合物は蒸散しないため、煮沸してもそのまま残り、場合によってはかえって濃縮されてしまうこともあり、安全性に不安が残ります。

昔の日本の水道水にはトリハロメタンのような発がん性物質は発見されませんでしたが、その後の高度経済成長による環境破壊が原因となって、水道水の原水となる河川が汚染されたことがこういった水道水に塩素化合物が精製される原因と考えられています。

また水道水のろ過方法が以前の方法から変わって急速濾過法に変わったためとも考えられています。

この方法は効率的に水処理できるというメリットはありますが、アンモニア臭をはじめとする臭気が残りやすいために、塩素使用量が増えてしまうというデメリットがあります。

高度経済成長による大量消費社会の到来が水道水も短時間で効率的に殺菌処理する必要が高まったために、こうした殺菌方法をとらざるを得なかったということが、現在の水道水の安全性に疑問符がついた原因のひとつであると考えられます。

水道水の安全性を担保する根拠ともいえる水道法については厚生労働省のホームページで詳細が確認できますが、いささか時代にそぐわないと感じるかもしれませんね。

2014年4月 5日|

スポーツと水分補給

中高年に人気のスポーツといえばゴルフですね。

ゴルフは通常早朝にスタートすることもあり、朝早くにゴルフ場に集合し、スタートとなりますが、ここで気をつけていただきたいのは十分な水分補給です。

午前中のまだ日の出前後というのは体も完全に目覚めているわけではないこともあり、ここで十分に水分補給をして体を目覚めさせるのも大切です。

また、プレー中にも発汗による脱水症状を避けるためにもこまめに水分補給をしてください。

前半のプレーが終わって昼休みに昼食をかねてビールを飲むという方も多いでしょう。

このプレーの中休みでのビールのおいしさがたまらないという方も多いと思いますが、ビールは水分補給どころか水分を放出してしまうので要注意です。

お酒の席でトイレが近くなるのはアルコールには利尿作用があるためで、特にビールは炭酸ガスが含まれていることもありさらに強い利尿作用があり、ビールを1リットル飲むと、1.2リットルの水分が尿となって放出されるとも言われています。

ゴルフ中に脳梗塞や心筋梗塞でなくなる中高年の方が多いのは、ビールを飲むことで水分補給しているつもりが、実際には脱水症状を引き起こしているからという説もあるようです。

どうしても飲みたいという方は、せめてゴルフ終了後の楽しみにして、ゴルフ中はビールは控えてミネラルウォーターを飲むことをお奨めします。

中高年でも日常生活の中に継続した運動習慣のない方が、早朝のゴルフに出かけるということは、睡眠不足や疲労、緊張感などが本人はそれほど感じていなくても実際には影響を与えている上に、脱水症状も重なれば脳血管系の疾患につながりやすいといえるのです。

これはゴルフに限らずさまざまなスポーツの際に言えることであり、夏の暑い盛りに野球やサッカーをしている青少年はとりわけこまめな水分補給が必要です。

昔ほど少なくはなりましたが、スポーツの練習中に水を飲むと横っ腹が痛くなる、バテるということを言う指導者もいるようです。

これなど日本独特の古い根性論、精神主義による誤った考え方の典型例といえます。

スポーツ中にこそこまめな水分補給を心がけないと、命にかかわる重大な結果を引き起こすということを再認識してほしいものです。

2014年3月26日|

美容成分と水分補給

人間の体の水分は生まれて間もない赤ちゃんで7割以上、その後、年齢とともに体内の水分は減少しますが、その水分の半分以上の55パーセントが細胞内にあります。

残りの45パーセントは細胞と細胞の間を満たしている細胞間物質にあります。

この細胞間物質の水分が減少することで見た目の年齢の老化が進みますから、いかにしてこの細胞間物質の水分減少を食い止め水分を補給するかがエイジングケアのポイントとも言えます。

エイジングケアを意識する女性なら誰もが注目するコラーゲンやヒアルロン酸は細胞間物質の根本ともいえるもので、細胞同士を結び付けてハリと弾力を生みだす部分です。

わかりやすく言えば細胞同士をつないでばねのような働きをしているのコラーゲンで、このバネの間の隙間を埋めているのがヒアルロン酸です。

人間の体内にあるムコ多糖は、分子量が数千から数百万にもなる高分子物質ですが、数種類あり、分子量が一番大きいものがヒアルロン酸で、水分を大量に抱え込む力ががあり、1グラムにつき6リットルもの水分を保持することができるのです。

皮膚にみずみずしさが感じられなかったり、細かいちりめんじわが目立ってくるのはこの細胞間でバネの働きをするコラーゲンのバランスが崩れたり、うるおいを抱え込む機能を持つヒアルロン酸が減っているからです。

また、お肌の奥でヒアルロン酸が減少すると、その代わりに水を含みにくい細胞が増えてそこに脂肪がたまりやすくなり、たるみの原因となります。

みずみずしいうるおいとハリと弾力は密接な関係があるので、しっかり水分補給をしながら、お肌自身がコラーゲンやヒアルロン酸を再生する力を促すこともポイントになります。

2014年3月 2日|

良質な天然水でアンチエイジング

アンチエイジングという言葉をよく聞くようになりましたが、要するに「いつまでも若々しくありたい」ということでしょう。

このいつまでも若々しくというのは何も最近の流行というわけでなく、言ってみれば人類の永遠のテーマとも言えそうです。

アンチエイジングという言葉がよく使われるのは健康食品や化粧品の分野のようですが、肌を若返らせるという目的での化粧品は数多くあふれているようです。

しかし、病的に老化すること、老化によって体の様々な部分に障害が起こって日常生活に支障をきたすことを防止するという意味での本質的なアンチエイジングについての情報はあまりアピールされていないように感じます。

内面から若さを保ち、体の各部の機能を衰えさせずに若々しくイキイキと毎日を過ごすことこそが真のアンチエイジングと言えるのではないでしょうか?

どんなに高級なアンチエイジングの化粧品を使ってみても、体の内側で老化が進んでいれば、それは一時しのぎのアンチエイジングでしかなく、いつかは表面的なアンチエイジングも効果を表さなくなるでしょう。

お肌は体の内側の状態の表れといってよく、内臓を含めた体の内部の状態が肌に現れると考えていいでしょう。

よくある例では便秘が続けば吹き出物や肌のくすみとなって表れるようなものです。

アンチエイジングを意識するならばまず考えておきたいのは、体の内部から若返りを意識する事、それは体の各部の細胞の古いものと新しいものとの入れ替わり、つまり新陳代謝をスムーズに機能させることです。

そのために大切なことは良質な水を飲むことです。

高価なサプリメントや化粧品、美容器具を検討する前にまずは良質な天然水を飲むことです。

良質な天然水と言っても水ですから、サプリメントや化粧品よりはグッと経済的ですし、美容だけでなく様々な面から健康増進効果も期待できます。

良質な水を飲むことで新陳代謝は格段に良くなり、美肌効果だけでなく、体内環境が良好に保たれ、さまざまな健康増進効果が期待できるというわけです。

日本人は世界でも屈指の長寿を誇っていますが、その実態は高血圧、糖尿病、といった成人病をはじめ、肩こり、腰痛、慢性疲労といった国民病ともいえるさまざまな軽度の疾病も多いのが実情です。

これらはまず間違いなく体内環境、特に腸内環境が良くないからで、その原因はストレス、偏った食生活、運動不足、乱れた生活習慣、環境汚染等なのです。

こうしたよくない要因が様々に折り重なって体内環境を悪くすることで新陳代謝がうまく機能しないことが老化を早める原因ともなっているのです。

いろいろな要因が重なっているので解決は難しいように感じるかもしれませんが、まずは手軽に始められるアンチエイジングとして良質な天然水を継続して飲むということを習慣にすることをおすすめします。

2014年2月14日|

抗酸化作用のある水

女性なら誰もが憧れるプラチナですがプラチナには金属でも錆びないという性質があり、現在では体のさび止め、つまり酸化防止の作用としても活用されています。

身体を酸化させ体の各部の細胞を酸化させることで老化の原因となる活性酸素を除去する作用、抗酸化作用があるとされているプラチナは化粧品や健康食品、医薬品にもその作用を応用してさまざまなものが開発されています。

アンチエイジング関連の商品や化粧品でもかなり高価になりますが、プラチナ配合の商品は人気がある一方でそのお値段からまだまだ一般的なものとは言えないようです。

ホテルのスパやエステプランにもプラチナ配合の化粧品を使用することをウリにしたプランもあり、一部で話題となっているようですが、やはりこちらもお値段は高めで一部の方に限定されているようです。

アンチエイジングの世界でプラチナ成分が注目されるようになったのはプラチナを人体に作用しやすいように超微粒子化した「白金ナノコロイド」の登場によるところが大きいでしょう。

プラチナ以外にも抗酸化物質はたくさんありますが、最近よく話題となるのはポリフェノールでしょうか?

赤ワインに多く含まれると話題となり、ワインブームの一翼を担っているといっても過言ではないでしょうし、最近ではコーヒーポリフェノール、緑茶ポリフェノール、チョコレートのカカオポリフェノールなども話題となり、ポリフェノールの抗酸化作用は注目されているようです。

他にも緑黄色野菜に多く含まれるカロチンやリコピン、ビタミンCにも抗酸化作用があるとされています。

ではこのプラチナの抗酸化作用が他の抗酸化物質とどう違うのでしょうか?

研究で確実な立証がなされたわけではありませんが、ポリフェノールなどの植物性の抗酸化物質は活性酸素を除去すると今度はポリフェノール自身が酸化物に変化するという説もあります。

一方金属性の抗酸化物質である白金ナノコロイドは触媒として作用するので活性酸素を除去する酵素の働きを促進する働きがあります。

また、人間の体に存在する主要な活性酸素を除去できる能力を持っています。

このプラチナの成分が含まれた天然水があるのでしょうか?

プラチナウォーターという名称で一部でかなり高価な機能水が発売されているようですが、やはりお値段から考えるとなかなか継続して飲み続けるのは難しいように思います。

ですからおすすめはアルカリイオン水など電気分解された天然水や美肌効果の期待できる有機ゲルマニウムやシリカ、バナジウム含有の天然水です。

これらの水であれは毎日続けて飲む分にも特に高価なものではないのでおすすめです。

2014年2月10日|

どんな水を選ぶべきか?

水は命の源です。

すべての生物は水がなければ生きていくことはできませんし、生物の起源は水、つまり海から始まったといわれています。

人間の体は成人で約60%、生まれたての赤ちゃんは70%以上が水分でできています。

この水分が血液やリンパ液となって体の隅々を流れて命を保つために必要となる栄養や酸素を体の隅々の細胞に供給して、老廃物を排出し、体温や体内の浸透圧を一定に保っているのです。

つまり、私たちの体は水がなければ全く機能しないといってよく、だからこそ、水をおろそかにすることは体の機能を弱めたり、病気を招いてしまうということにほかなりません。

体が本来持っている機能を活かして毎日を活力あふれるイキイキとした生活をしたいと願うならば、良質な水を飲まなければならないということです。

水道水のような有害物質を含んでいる水を長期間飲み続けるならば、かえって細胞を傷めてしまう恐れもありますし、
病気を招いてしまうことにもなりかねません。

これでは健康を意識して水を多めに飲んでいるといっても実際には健康をそこなっているということになってしまいます。

では健康を意識して水を飲むならば、どんな水を選ぶべきでしょうか?

やはり天然水、それもできるだけ人の手を加えていない、地下からくみ上げたままの水が最も理想的と言えます。

人間の体を作り上げている細胞は自然のままの水から生まれて現在の人間の体に進化してきたという歴史があります。

人の手を加えなければ飲めない水というのは元々の水の質が良くないからであって、くみ上げたままで飲料水として利用できるものはそれだけ水それ自体が高品質である必要があります。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並ぶ天然水、ミネラルウォーターの多くは加熱殺菌しているものがほとんどですから、水の活性は失われていますし、お水の味にも関係する水に溶け込む酸素や窒素も多くが失われてしまいます。

最も理想的なのは湧き水をポリタンクに詰めて持ち帰ることですが、物理的に限界がありますし、そうした水を供給しているところも限られているのであまり現実的なものとは言えないでしょう。

では日常生活で気軽に飲める人工的な加工を極力少なくした水はどこで手に入るのでしょうか?

一部の小規模事業者がペットボトルの非加熱処理の天然水を販売していますが、配達地域が限られていたり、お値段も比較的高いために毎日気軽に飲めるものとへ言い難いようです。

オススメはこうした良質な非加熱天然水を配達していくれるウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーならさまざまな面でメリットを感じるでしょう。

当サイトではウォーターサーバーも魅力についても今後ご紹介していきます。

2014年2月 7日|

最新情報