2014年2月の記事一覧

良質な天然水でアンチエイジング

アンチエイジングという言葉をよく聞くようになりましたが、要するに「いつまでも若々しくありたい」ということでしょう。

このいつまでも若々しくというのは何も最近の流行というわけでなく、言ってみれば人類の永遠のテーマとも言えそうです。

アンチエイジングという言葉がよく使われるのは健康食品や化粧品の分野のようですが、肌を若返らせるという目的での化粧品は数多くあふれているようです。

しかし、病的に老化すること、老化によって体の様々な部分に障害が起こって日常生活に支障をきたすことを防止するという意味での本質的なアンチエイジングについての情報はあまりアピールされていないように感じます。

内面から若さを保ち、体の各部の機能を衰えさせずに若々しくイキイキと毎日を過ごすことこそが真のアンチエイジングと言えるのではないでしょうか?

どんなに高級なアンチエイジングの化粧品を使ってみても、体の内側で老化が進んでいれば、それは一時しのぎのアンチエイジングでしかなく、いつかは表面的なアンチエイジングも効果を表さなくなるでしょう。

お肌は体の内側の状態の表れといってよく、内臓を含めた体の内部の状態が肌に現れると考えていいでしょう。

よくある例では便秘が続けば吹き出物や肌のくすみとなって表れるようなものです。

アンチエイジングを意識するならばまず考えておきたいのは、体の内部から若返りを意識する事、それは体の各部の細胞の古いものと新しいものとの入れ替わり、つまり新陳代謝をスムーズに機能させることです。

そのために大切なことは良質な水を飲むことです。

高価なサプリメントや化粧品、美容器具を検討する前にまずは良質な天然水を飲むことです。

良質な天然水と言っても水ですから、サプリメントや化粧品よりはグッと経済的ですし、美容だけでなく様々な面から健康増進効果も期待できます。

良質な水を飲むことで新陳代謝は格段に良くなり、美肌効果だけでなく、体内環境が良好に保たれ、さまざまな健康増進効果が期待できるというわけです。

日本人は世界でも屈指の長寿を誇っていますが、その実態は高血圧、糖尿病、といった成人病をはじめ、肩こり、腰痛、慢性疲労といった国民病ともいえるさまざまな軽度の疾病も多いのが実情です。

これらはまず間違いなく体内環境、特に腸内環境が良くないからで、その原因はストレス、偏った食生活、運動不足、乱れた生活習慣、環境汚染等なのです。

こうしたよくない要因が様々に折り重なって体内環境を悪くすることで新陳代謝がうまく機能しないことが老化を早める原因ともなっているのです。

いろいろな要因が重なっているので解決は難しいように感じるかもしれませんが、まずは手軽に始められるアンチエイジングとして良質な天然水を継続して飲むということを習慣にすることをおすすめします。

2014年2月14日|

抗酸化作用のある水

女性なら誰もが憧れるプラチナですがプラチナには金属でも錆びないという性質があり、現在では体のさび止め、つまり酸化防止の作用としても活用されています。

身体を酸化させ体の各部の細胞を酸化させることで老化の原因となる活性酸素を除去する作用、抗酸化作用があるとされているプラチナは化粧品や健康食品、医薬品にもその作用を応用してさまざまなものが開発されています。

アンチエイジング関連の商品や化粧品でもかなり高価になりますが、プラチナ配合の商品は人気がある一方でそのお値段からまだまだ一般的なものとは言えないようです。

ホテルのスパやエステプランにもプラチナ配合の化粧品を使用することをウリにしたプランもあり、一部で話題となっているようですが、やはりこちらもお値段は高めで一部の方に限定されているようです。

アンチエイジングの世界でプラチナ成分が注目されるようになったのはプラチナを人体に作用しやすいように超微粒子化した「白金ナノコロイド」の登場によるところが大きいでしょう。

プラチナ以外にも抗酸化物質はたくさんありますが、最近よく話題となるのはポリフェノールでしょうか?

赤ワインに多く含まれると話題となり、ワインブームの一翼を担っているといっても過言ではないでしょうし、最近ではコーヒーポリフェノール、緑茶ポリフェノール、チョコレートのカカオポリフェノールなども話題となり、ポリフェノールの抗酸化作用は注目されているようです。

他にも緑黄色野菜に多く含まれるカロチンやリコピン、ビタミンCにも抗酸化作用があるとされています。

ではこのプラチナの抗酸化作用が他の抗酸化物質とどう違うのでしょうか?

研究で確実な立証がなされたわけではありませんが、ポリフェノールなどの植物性の抗酸化物質は活性酸素を除去すると今度はポリフェノール自身が酸化物に変化するという説もあります。

一方金属性の抗酸化物質である白金ナノコロイドは触媒として作用するので活性酸素を除去する酵素の働きを促進する働きがあります。

また、人間の体に存在する主要な活性酸素を除去できる能力を持っています。

このプラチナの成分が含まれた天然水があるのでしょうか?

プラチナウォーターという名称で一部でかなり高価な機能水が発売されているようですが、やはりお値段から考えるとなかなか継続して飲み続けるのは難しいように思います。

ですからおすすめはアルカリイオン水など電気分解された天然水や美肌効果の期待できる有機ゲルマニウムやシリカ、バナジウム含有の天然水です。

これらの水であれは毎日続けて飲む分にも特に高価なものではないのでおすすめです。

2014年2月10日|

どんな水を選ぶべきか?

水は命の源です。

すべての生物は水がなければ生きていくことはできませんし、生物の起源は水、つまり海から始まったといわれています。

人間の体は成人で約60%、生まれたての赤ちゃんは70%以上が水分でできています。

この水分が血液やリンパ液となって体の隅々を流れて命を保つために必要となる栄養や酸素を体の隅々の細胞に供給して、老廃物を排出し、体温や体内の浸透圧を一定に保っているのです。

つまり、私たちの体は水がなければ全く機能しないといってよく、だからこそ、水をおろそかにすることは体の機能を弱めたり、病気を招いてしまうということにほかなりません。

体が本来持っている機能を活かして毎日を活力あふれるイキイキとした生活をしたいと願うならば、良質な水を飲まなければならないということです。

水道水のような有害物質を含んでいる水を長期間飲み続けるならば、かえって細胞を傷めてしまう恐れもありますし、
病気を招いてしまうことにもなりかねません。

これでは健康を意識して水を多めに飲んでいるといっても実際には健康をそこなっているということになってしまいます。

では健康を意識して水を飲むならば、どんな水を選ぶべきでしょうか?

やはり天然水、それもできるだけ人の手を加えていない、地下からくみ上げたままの水が最も理想的と言えます。

人間の体を作り上げている細胞は自然のままの水から生まれて現在の人間の体に進化してきたという歴史があります。

人の手を加えなければ飲めない水というのは元々の水の質が良くないからであって、くみ上げたままで飲料水として利用できるものはそれだけ水それ自体が高品質である必要があります。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並ぶ天然水、ミネラルウォーターの多くは加熱殺菌しているものがほとんどですから、水の活性は失われていますし、お水の味にも関係する水に溶け込む酸素や窒素も多くが失われてしまいます。

最も理想的なのは湧き水をポリタンクに詰めて持ち帰ることですが、物理的に限界がありますし、そうした水を供給しているところも限られているのであまり現実的なものとは言えないでしょう。

では日常生活で気軽に飲める人工的な加工を極力少なくした水はどこで手に入るのでしょうか?

一部の小規模事業者がペットボトルの非加熱処理の天然水を販売していますが、配達地域が限られていたり、お値段も比較的高いために毎日気軽に飲めるものとへ言い難いようです。

オススメはこうした良質な非加熱天然水を配達していくれるウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーならさまざまな面でメリットを感じるでしょう。

当サイトではウォーターサーバーも魅力についても今後ご紹介していきます。

2014年2月 7日|