良質な天然水でアンチエイジング

良質な天然水でアンチエイジング

アンチエイジングという言葉をよく聞くようになりましたが、要するに「いつまでも若々しくありたい」ということでしょう。

このいつまでも若々しくというのは何も最近の流行というわけでなく、言ってみれば人類の永遠のテーマとも言えそうです。

アンチエイジングという言葉がよく使われるのは健康食品や化粧品の分野のようですが、肌を若返らせるという目的での化粧品は数多くあふれているようです。

しかし、病的に老化すること、老化によって体の様々な部分に障害が起こって日常生活に支障をきたすことを防止するという意味での本質的なアンチエイジングについての情報はあまりアピールされていないように感じます。

内面から若さを保ち、体の各部の機能を衰えさせずに若々しくイキイキと毎日を過ごすことこそが真のアンチエイジングと言えるのではないでしょうか?

どんなに高級なアンチエイジングの化粧品を使ってみても、体の内側で老化が進んでいれば、それは一時しのぎのアンチエイジングでしかなく、いつかは表面的なアンチエイジングも効果を表さなくなるでしょう。

お肌は体の内側の状態の表れといってよく、内臓を含めた体の内部の状態が肌に現れると考えていいでしょう。

よくある例では便秘が続けば吹き出物や肌のくすみとなって表れるようなものです。

アンチエイジングを意識するならばまず考えておきたいのは、体の内部から若返りを意識する事、それは体の各部の細胞の古いものと新しいものとの入れ替わり、つまり新陳代謝をスムーズに機能させることです。

そのために大切なことは良質な水を飲むことです。

高価なサプリメントや化粧品、美容器具を検討する前にまずは良質な天然水を飲むことです。

良質な天然水と言っても水ですから、サプリメントや化粧品よりはグッと経済的ですし、美容だけでなく様々な面から健康増進効果も期待できます。

良質な水を飲むことで新陳代謝は格段に良くなり、美肌効果だけでなく、体内環境が良好に保たれ、さまざまな健康増進効果が期待できるというわけです。

日本人は世界でも屈指の長寿を誇っていますが、その実態は高血圧、糖尿病、といった成人病をはじめ、肩こり、腰痛、慢性疲労といった国民病ともいえるさまざまな軽度の疾病も多いのが実情です。

これらはまず間違いなく体内環境、特に腸内環境が良くないからで、その原因はストレス、偏った食生活、運動不足、乱れた生活習慣、環境汚染等なのです。

こうしたよくない要因が様々に折り重なって体内環境を悪くすることで新陳代謝がうまく機能しないことが老化を早める原因ともなっているのです。

いろいろな要因が重なっているので解決は難しいように感じるかもしれませんが、まずは手軽に始められるアンチエイジングとして良質な天然水を継続して飲むということを習慣にすることをおすすめします。

2014年2月14日|