抗酸化物質を含む水

抗酸化物質を含む水

がんや脳血管疾患は現代人の死因の上位を占めていますが、これらの病気に共通する原因のひとつに活性酸素があります。

活性酸素の何がいけないのかを簡単に説明すれば、人間の体の細胞を酸化させる、つまり、さびつかせるからです。

人間は年齢とともにさまざまな老化現象が現れますが、老化とは体の各部が酸化して衰えることといってもよく、大きな原因に活性酸素の影響があるとされています。

脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすとされる悪玉コレステロールも悪玉コレステロールだけがその原因となるのではなく、活性酸素と反応して血管を傷つけるために脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすとされています。

ほかにも糖尿病やアルツハイマー病などさまざまな病気に関係しているといわれています。

つまり、人間はこの体の細胞をできるだけ酸化させないようにすることが病気や老化の予防のキーポイントといっていいでしょう。

活性酸素が体内で発生する原因としては紫外線、パソコンやスマートフォンをはじめとするIT機器から発せられる電磁波、食品添加物をはじめとする化学物質、その他不規則な生活習慣やストレス等が考えられますが、現代社会に生きる人間には活性酸素の発生を完全に避けるということはほとんど不可能です。

ではどうすればいいのでしょう。

活性酸素を消す働きを持つ抗酸化物質を含む食品や飲み物を積極的に摂取することがもっとも効果的です。

色の濃い野菜や果物、にんにく、ねぎ、きのこ類に豊富です。

飲み物では緑茶のカテキンやワインのポリフェノールにも抗酸化物質が豊富に含まれていますし、天然水にも抗酸化物質を含むものがあります。

紫外線対策をしっかりと行って、規則正しい生活と緑黄色野菜を意識的に多く取り入れた食事を心がけることで活性酸素の害を抑えることは十分可能です。

また日常のむ水も抗酸化物質を含む天然水を選ぶようにしたいものです。

活性酸素の働きを抑える炭酸水素イオンを多く含む非加熱の天然水「金城の華」がおすすめです。

「金城の華」はスーパーやコンビにでは手に入りにくいので、12リットルボトルを定期配送してくれるウォーターサーバーがおすすめです。

「金城の華」を扱っているウォーターサーバーは数社ありますが、ウォーターサーバー本体のデザインやキャンペーン内容にそれぞれ違いがありますから、下記のサイトでじっくりと比較検討してみてください。

2014年4月 7日|