どんな水を選ぶべきか?

どんな水を選ぶべきか?

水は命の源です。

すべての生物は水がなければ生きていくことはできませんし、生物の起源は水、つまり海から始まったといわれています。

人間の体は成人で約60%、生まれたての赤ちゃんは70%以上が水分でできています。

この水分が血液やリンパ液となって体の隅々を流れて命を保つために必要となる栄養や酸素を体の隅々の細胞に供給して、老廃物を排出し、体温や体内の浸透圧を一定に保っているのです。

つまり、私たちの体は水がなければ全く機能しないといってよく、だからこそ、水をおろそかにすることは体の機能を弱めたり、病気を招いてしまうということにほかなりません。

体が本来持っている機能を活かして毎日を活力あふれるイキイキとした生活をしたいと願うならば、良質な水を飲まなければならないということです。

水道水のような有害物質を含んでいる水を長期間飲み続けるならば、かえって細胞を傷めてしまう恐れもありますし、
病気を招いてしまうことにもなりかねません。

これでは健康を意識して水を多めに飲んでいるといっても実際には健康をそこなっているということになってしまいます。

では健康を意識して水を飲むならば、どんな水を選ぶべきでしょうか?

やはり天然水、それもできるだけ人の手を加えていない、地下からくみ上げたままの水が最も理想的と言えます。

人間の体を作り上げている細胞は自然のままの水から生まれて現在の人間の体に進化してきたという歴史があります。

人の手を加えなければ飲めない水というのは元々の水の質が良くないからであって、くみ上げたままで飲料水として利用できるものはそれだけ水それ自体が高品質である必要があります。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並ぶ天然水、ミネラルウォーターの多くは加熱殺菌しているものがほとんどですから、水の活性は失われていますし、お水の味にも関係する水に溶け込む酸素や窒素も多くが失われてしまいます。

最も理想的なのは湧き水をポリタンクに詰めて持ち帰ることですが、物理的に限界がありますし、そうした水を供給しているところも限られているのであまり現実的なものとは言えないでしょう。

では日常生活で気軽に飲める人工的な加工を極力少なくした水はどこで手に入るのでしょうか?

一部の小規模事業者がペットボトルの非加熱処理の天然水を販売していますが、配達地域が限られていたり、お値段も比較的高いために毎日気軽に飲めるものとへ言い難いようです。

オススメはこうした良質な非加熱天然水を配達していくれるウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーならさまざまな面でメリットを感じるでしょう。

当サイトではウォーターサーバーも魅力についても今後ご紹介していきます。

2014年2月 7日|